異端児オセラーの自由気まま日記
定石は知らない。 理論も知らない。 それでも打つ。 打ち続ける。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おかしいなあ・・・
さて僕は明日から社会人になるのでしばらく大会に出れません!!!




さようなら・・・





のつもりが





4月26日~29日   休み



5月3日~6日   休み





つまり・・・



4月27日 青空オセロ大会    参加可能

4月29日 関東社会人選手権   参加可能

5月3日 京都OP  参加可能





おかしいな・・・




GWは実家に帰省予定なので、京都OPはお邪魔するかと思います。




関東社会人選手権も引っ越し作業が無事に終わっているはずなので、出ると思います・・・。




ただし、すごく弱体化しています。謎



既に底辺まで落ちてる気がするので、これ以上弱くならないと思いますが・・・











おかしい・・・




描いてた社会人生活はこんなはずでは・・・







(描いてた生活)



( ゚∀゚)4連休?ちょっと海外でもいってくるわ



( ゚∀゚)オセロ?ってなんだっけ?





早く稼いで、そっち側にシフトします。謎













>みぃくん

もうちょっとリスクを負って負け越し覚悟でレベル高い大会にばんばんでないと、今のところ優勝二段の大会メインにしている現状では昇段は難しいでしょうなぁ。

王座戦は狙って行くよ。(それまでに昇段している可能性があるが)





>さくらさん

愚痴る前にyahooにいけなくなりそうです。謎

なんか品川きてたのかな?また機会あれば会うかもしれませんねー




>たなかさん

たぶんどんな結果であっても、喜ぶことはないでしょうねぇ。(優勝したらしたで試合内容にケチをつけだす)

新生たなかさんを楽しみにしてますよ。

そろそろ負ける気がしてならない・・・(対策もされてるようなので・・・)
スポンサーサイト
悔しいなぁ・・・
○○××○ でBリーグの9位でした。



かろうじて最終戦で勝って、王座戦の権利は取ったという感じです。



32人のリーグを想定していて、2連勝さえすれば、残り3試合中1試合でも勝てれば、王座戦の権利は得られるという条件という風に頭の中で認識していたので、とにかく2連勝で維持でもスタートしたいって思ってて。



対局中、1試合目と2試合目はとにかく胸が痛かった。



心臓バクバクでここで負けたら終わりなんだって思って。



そしたら2連勝できて、気が緩んだわけじゃないんだけど、昼休みを挟むと流れが変わっちゃいました。



全ブロックで2連勝していた人をすべて確認して見たところ、最低段位は二段で、僕とO澤くんを含め確か3人だけでした。



そしてO澤くんはこの大チャンスをきっちりものにして一気に四段になり、S二段もきっちり三段になっていたのですが、僕だけせっかくの大チャンスをものにできませんでした。



2連勝した場合、3回戦か4回戦で勝つと三段が確定するという状況だったので、当然最低条件としてそこを狙いにいきました。




3回戦はO森五段戦。



僕が今まで明かさずに隠しもっていた渾身のハメ系を投入して一気に詰みにいきました。
想定通りの進行になって、このハメ系を回避する手はそうそう打てないだろうと思ってたら、長考の末打たれて、きっちり泥試合になりました。



そして僕の形勢判断が乱れた瞬間。



\ABCDEFGH
1+●●●●●●+
2++●○○●+●
3+○○●●○●●
4+○○●●○●●
5+○●●●○●●
6◇+●●○○●●
7++●●○○+●
8++●●●+○+


黒番



僕は普通に負け試合だと思ってました。



とんでもない。24石勝ちのかなりの優勢な状況でした。しかも勝てる手は複数ありました。



僕の形勢判断が大きく乱れ、この局面は負けていると判断していた僕は、何らかの形で仕掛けないと思い、ここで思い切ってg2に仕掛けました。



これが+24→-6へと飛び込む、僕的にはホントひさびさに打ってしまったという感じの大悪手でした。



b7打たれることわかってたんですが、なんか半分試合を投げたような手で情けなく思いました。





気を取り直して4回戦はM永三段。



これも僕の得意中の得意である酉ストレートを自信満々にうち、さらに変化されてもBOOKで30手目弱まで進められた一方で、相手はずっと長考だったので、



40手目付近では持ち時間が相手が3分、自分が13分という圧倒的優位な状況でした。



局面自体は1手悪手を打ってしまった影響でこちらがやや不利(-2~-3程度)だったと思います。



ここで葛藤してしまい、



?少し不利な状況だから、あまり1手1手に時間をかけず相手のミスを誘って、形勢が逆転したと判断したところで全時間を投入して勝ちに行こう


?せっかく13分もあるのだから、その時間をしっかりと使って読み抜いて、的確に打っていこう。
  ただしその思考時間中に相手も考えることができるので相手のミスも少ない。




?と?のどちらの方針でこの残りの手を打っていくか葛藤しているうちに、中途半端に考えて、中途半端に時間攻めしてみたり、本当に中途半端なことしてしまって、全時間を投入しようと思った頃には勝ち筋が消えてしまいました。



こうして、2度も三段になるチャンスがありながら、それを逃すという大失態を犯してしまい、4局目終わったころには全ての力が抜けてしまいました。



5回戦始まる前には、T沢八段に「4回戦負けちゃったかー。もし勝ってたら僕と五回戦だったけど残念だったなぁ。」みたいなこといわれて、余計悔しさが。



日本海OPで打ったときのこと覚えてくれていて、ちょっとうれしかったです。




この状況から王座戦の権利まで手に入れられなかったら本当情けなさすぎるので、最終戦はI川四段でしたが、相手が勝ち筋を見逃してくれた間に、こっそり逆転して王座戦だけきっちり参加資格得られました。



でもなんか悔しいなぁ・・・。



今日のこの状況で三段とれなかったら、しばらく三段になるチャンスなんてないんじゃないかなぁと思った。



しかも、もしこれで自分がDリーグだったら三段になってるんですよね。不思議だ。









今回をもって学生として打つ大会はすべて終了です。



これからはどれくらい出れるかわかりません。



はじめてのメジャー大会、いろんな意味ですごく刺激を受けたので、今後はメジャー大会は全て参加したい意向です。



せっかくとった王座戦の参加資格で、王座戦にはひとまず参加します。



後はブロック予選出て、なんとか全日本選手権ね。






同時期にデビューした人たちがさりげなくすごくなってきたね。松坂世代みたいになってます。



僕がデビューしたのが2006年7月だけど、



このへんの時期にデビューしたオセラーといえば・・・



W引三段、O澤四段、ジャンプ四段、たおる五段ですな。後はgod三段(後ずさり名人)



なんか取り残されていく・・・・



気づいたら二段権利をどんどんコレクションしてる感じ。(この5か月で10大会で、4回の二段の権利)








さて。しばらく消えるかもしれません。謎




とりあえず社会人生活が落ち着いたら復帰します。




それが4月中かもしれないし、2008年いっぱい復帰できないかもしれない。




仕事が始まってみないとわからないね。






名人戦に向けて心配していること
お久しぶりの投稿・・・



大会レポート(日本海OP、りんかいCC)を2つほど気づいたら忘れていました。



海外旅行とか国内旅行とか、サークル追いコンの日々で基本的にブログ書く元気はございませんでした。



日本海OPで致命的なカウンティングミスで分け筋を却下してしまい決勝進出を逃し、3位に終わったという、僕らしいやらかしを行いましたがまた機会があれば紹介します。



インターミディエイト部門の方もやらかし王子は健在でした。



去年のチャレンジ部門に引き続き・・・僕ってほんと・・・



2位が大好きですね・・・



「君は永遠の二番手だ!!ルイージだ!!」とさえ言われました。











さて先日気づいたこと・・・



日本オセロ連盟会員期限が3月12日で切れていた!!!!



大慌てで4日前に、更新のため振込し、連盟事務局様に更新の旨をご連絡しましたが・・・



反応がない!!!



つまり今自分が連盟会員であるか、ないかわからない状態(ちゃんと処理されてなければ会員ではない)


ってことは名人戦に出れないんですよね。



一応先ほど郵便ポストも確認してみましたが、何も更新に関するものはないし、今現在、事務局から何の連絡もいただいておりません。



まぁ出ますよ。



会員じゃなくても出ますよ(爆)



だってちゃんとこっちは更新の手続きをやってますし、更新した証拠の郵便振替もやってますし、それで出れなかったら、キレる用意もしておきます。謎



名人戦申込から、名人戦の間まで会員であり続けることが参加資格であるという参加条件も明記されていないと思うので(自分が会員でない期間は3月13日~)









ひさしぶりにオセロ練習会へ。



楽しみにしてたSOSの年末年始号が登場してました。



自分の棋譜もグラチャンの4局が掲載されてましたね。



普段はほぼ提出していないので、ついに僕の棋譜がばれてしまいました。



自分の棋譜を4局並べてみましたが・・・序盤からとにかくおゆるい!!



No Bookで打ってるのがばれてしまいましたね。



とある1局の解説・・・僕が黒、白が微弱さん


「10手目:悪手
11手目:対する黒もゆるい
12手目:今度はやりすぎ
13手目:対する黒もまたまたおゆるい
14手目:悪手」



なんという調和オセロ!!5手連続のダメだし!!


本当はこのまま残り46手全てにダメだしが続くんですが、それだけで1ページつかっちゃいそうなので、スペースのことも考えて5手ほどでダメだしは断念したようです。




他の対局では、


僕が黒、白がO澤くん


「59手目 興奮しすぎたのか、石を返す力が強すぎて、関係ないe7の黒石まで勢いで回転(2石損)」



・・・





見ていて思ったのが、負けたら即終了のグラチャンということもあって、すごく慎重に進めている(いつもほど攻めていない)印象を受けました。



慎重になりすぎて相手に攻められまくって防戦一方です。



じゃあ僕は保守的なオセロしかしないのかといわれればそんなことないですね(何)









昨日の練習会でも、僕によくあるDEAD OR ALIVEな試合が1局があったのでご紹介。僕が黒番です。



\ABCDEFGH
1++++++++
2+○++○+++
3●+○○○○○◇
4●●●○○●○○
5●○○○●●○○
6●○●●●●++
7●+●●●●++
8+●●●●●●+



黒番



長考の末、わけあってb6の種石は落としておいたほうがいいと判断して、f2に打ちました。



7手読みの研究コブラでは盤面最悪手に近いー8やらすごいひどい評価値になりましたが、24手読みでは完全読みで黒6石の最善勝ちでした。



\ABCDEFGH
1++++++++
2+○+○○●++
3●◆●●●●○○
4●●●●○○○○
5●○●○●●○○
6●●●●●●++
7●+●●●●++
8+●●●●●●+



無難にd2と打ち進めてきたので、左下の形が怖いし、ウイングまで攻めやすくなりますが、当初の構想通りb3と打ちました。



白は目的もウイングを攻めると明確になったのか気楽にc2と打ってきました。これも想定通りです。



対してf1です。



\ABCDEFGH
1+++++◆++
2+○○○●●++
3●●●●●●○○
4●●●●○○○○
5●○●○●●○○
6●●●●●●++
7●+●●●●++
8+●●●●●●+


考えていたことがあって、
d1とくればg2のラインとおし、e1とくれば打とうと思っていたところがあったのでそちらに着手しました。



実際d1には明確なg2があるのは察知されて、e1ときました。




\ABCDEFGH
1++++◇●++
2+○○○○○++
3●●●●○●○○
4●●●●○○○○
5●○●○●●○○
6●●●●●●++
7●+●●●●++
8+●●●●●●+



ここで即打ちで僕が打った手があったのですが、それが敗着となってしまいました(+14→ー10)



1つの進行だけ抜け道があった(実際それ以外の進行はすべて黒勝ち)のにはさすがに気付かず、DEAD OR ALIVEな気持ちで打ってやっちゃったなーと・・・。b1です。



\ABCDEFGH
1+◆++○●++
2+●●○○○++
3●●●●○●○○
4●●●●○○○○
5●○●○●●○○
6●●●●●●++
7●+●●●●++
8+●●●●●●+




つまり今まで打っていた構想はこのブラックライン通しが絶対に切れないと判断したためです。



ここから双方最善進行です。



白g1(それ以外はマイナス)



\ABCDEFGH
1+●++○○◇+
2+●●○○○++
3●●●●○●○○
4●●●●○○○○
5●○●○●●○○
6●●●●●●++
7●+●●●●++
8+●●●●●●+



黒d1



\ABCDEFGH
1+●++○○◇+
2+●●○○○++
3●●●●○●○○
4●●●●○○○○
5●○●○●●○○
6●●●●●●++
7●+●●●●++
8+●●●●●●+



白g6(これ以外白負け)



\ABCDEFGH
1+●+●○○○+
2+●●●●○++
3●●●●○●○○
4●●●●○○○○
5●○●○●○○○
6●●●●●●◇+
7●+●●●●++
8+●●●●●●+



黒h7



\ABCDEFGH
1+●+●○○○+
2+●●●●○++
3●●●●○●○○
4●●●●●○○○
5●○●○●●○○
6●●●●●●●+
7●+●●●●+◆
8+●●●●●●+



白g2



/ABCDEFGH
1+●+●●●●◆
2+●●●●○●+
3●●●●○●○○
4●●●●●○○○
5●○●●●●○○
6●●●●●●●+
7●+●●●●+●
8+●●●●●●+



ここで反射的にh2、h6と黒に連打にくらうとあわててh2に何も考えずにもぐってくれると、c1に一瞬入れなくなり、c1に入るためにg7に打って種を作らねばならず白負けとなります。


ここは右辺で連打をくらってでもc1ともぐるのがベスト(解説する必要あったかな・・・)



\ABCDEFGH
1+●◇●●●●●
2+●●○●○●+
3●●●●○●○○
4●●●●●○○○
5●○●●●●○○
6●●●●●●●+
7●+●●●●+●
8+●●●●●●+


ここから白の怒涛の連打が始まり27-37で白勝ちとなります。



本当にこの1進行でも抜け道があることを考慮せずにb1即打ちしちゃったんですが。練習会だからという甘えですね。



じゃあこの構想は間違ってたのか?



間違ってなかったんですね。こういうライン通しはb1だけだったと思ったから、b1のことしか対局中全く考えてなかったんですが、よーく局面を見てみるとc1という1手がありました。



実際この対局ではc1に白がはいるっていうことがキーになってたし、そこに黒が先はいっちゃえばOKと。



(c1と打ってみた場合)
\ABCDEFGH
1++◆+○●++
2+●●○○○++
3●●●●○●○○
4●●●●○○○○
5●○●○●●○○
6●●●●●●++
7●+●●●●++
8+●●●●●●+



確かに見てみれば黒勝ちですよね。



ちょっと実戦では気づきませんでした。



名人戦ではこういう時に即打ちせずにもっと広い視野で盤面を見れたらなと思います。



参加するみなさんどうぞお手柔らかに。



数少ない低段者の参加者なので当たったらガッツポーズして、カモにしてやってくださいね。







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。