FC2ブログ
異端児オセラーの自由気まま日記
定石は知らない。 理論も知らない。 それでも打つ。 打ち続ける。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
地区対抗戦
日帰りで車を爆走させて新潟メンバー4名で千葉まで行ってきました。
4時半起き、6時出発の、午前0時帰宅。往復700kmはさすがに疲れました。


結果はまさかの団体戦優勝!!!


現行の新潟メンバーで組み始めて3年目(途中1名入れ替わり)ですが、
個人的には来年から東京に行くことがほぼほぼ決定なので、
このメンバーでやるのはラストだと思ってやりました。


レーティングだけでみると1300台が1名、1200台が2名、1100台が2名という他チームの平均に満たない状況で、予選から決勝までチームとしては一度も負けることなく6戦全勝してしまうことは予想外でした。


これもくじ運に恵まれ続け、当たりたくなかったチームがことごとく負けていったことが大きく影響したようです。(特に神奈川Aとか近畿・北陸には正直99%勝てないと思っていたのは事実)
とはいえ準決勝か決勝もさすがに対戦相手のメンバー構成を見て厳しいかなと思っていましたが、
新潟チームの底力を見た形となりました。


個人としては4番手で5勝1敗。2位か3位くらい?/16人中。

予選1回戦:I四段 白 勝ち
予選2回戦:U二段 白 負け
予選3回戦:S二段 白 勝ち
準々決勝 :K六段 白 勝ち
準決勝  :G二段 白 勝ち
決勝   :I四段 白 勝ち


最後の方は白ばかりにうんざりして、伏せ石で勝っても分け勝ちをとって、白選んでもらおうとしていたが、
対戦相手が黒をとってきたので終始白持ちとなりました。



新潟チームは個人成績で5-1が3名と4-2が2名だったので、全員で勝ちとったものです。
来年はもし機会があれば他チームからと思っていましたが、同メンバーで新潟チーム再結成ということであれば、
新潟チームということになるでしょう。


とりあえず本日は休日勤務ということで、棋譜等については今後ゆっくりと。(りんかいCCとかのんびり書いてる場合じゃなくなった)
おつかれさまでした。

スポンサーサイト
★りんかいCC(インターミディエイト)1回戦 6月
この大会は昔から何度か出ているが非常に相性がよくない。
必ず2位か3位に着地してしまい優勝はできない。そして優勝したこともない。

過去4度ほど5勝1敗になったことがあるがいずれも2位に終わっている。
もしくは4勝2敗で3位になることが多い。必ず誰かが確変的に当日強くなるからだ。

4月から大会に出ていなかったことと、某極悪不動案オセラーと飲みにいきたかったので急遽遠征。
全日本ブロック予選前の感覚戻しでもあった。



★1回戦(VS T初段)
前回は白持ちで酉ストレートから研究範囲を外して勝っているが今回は黒持ち。


今回も特に準備はしていなかったので、とりあえず研究範囲を早めに外すために仕掛ける。
f8コンポスからの黒h6!

\abcdefgh
1++++++++
2++++++++
3++●○+○++
4++●●○○++
5+++●○○++
6+++●●●●●
7+++●●○++
8+++++●++


早めに研究範囲から外れてくれたようで若干黒優勢となった。

\abcdefgh
1++++++++
2++++++++
3++●●●○++
4++●●●○++
5++●○●○++
6+○○○●●●●
7++○○●○++
8+++●●●++
黒番


ここで早めに黒c8と打っておくべきだったが、温存のためひとまずもう1つの余裕手g8に着手。
評価上はさほど悪くないが、これが実はあまりよくなかった。次のb4が好手と感じたから。


\abcdefgh
1++++++++
2++++++++
3++●●●○++
4+○○○○○++
5++○○●○++
6+○○○●●●●
7++○○●●++
8+++●●●●+
黒番

ゼブラ的にはg3がいいようだが、人間的にはg4で十分に見えたのでここは即打ちした。
白はc列を真っ白にしないようにケアをしながら打たないといけないため、黒は右側に着手していけばよい。
(b3などという中割はあえて今打つ必要がない)

\abcdefgh
1++++++++
2++++++++
3++●●●○++
4+○○○○○●+
5++○○●●++
6+○○○●●●●
7++○○●●++
8+++●●●●+
白番


ここはf2が絶好手。それを読み落としていたからg4即打ちなんだけども。。。
f2→e2→g5で黒g3に入れず、b3の中割を放出せざるを得ない状況がさらに近付き、ますます下辺の処理も難しくなる。


(参考図)
\abcdefgh
1++++++++
2++++●○++
3++●●●●++
4+○○○●○●+
5++○○○○○+
6+○○○●●●●
7++○○●●++
8+++●●●●+
黒番
ここから仮にf1と打っても、f1→h4→h3→h2等の進行となり結局b3は免れられない。


ところで実戦は浅く読んでた通りのg5に先に打ってきてくれたが、これもe2に打って即台無しに。
その次に打たれたh4という手をもう少し警戒すべきであった。

\abcdefgh
1++++++++
2++++●+++
3++●●●●++
4+○○○○○○○
5++○○○○○+
6+○○○●●●●
7++○○●●++
8+++●●●●+
黒番


あっさりと右辺の攻防で自分が負けてしまい、早くもb3を放出せざるを得なくなる。
形勢は互角くらいと判断した。白はその後d2へ。

\abcdefgh
1++++++++
2+++○●+++
3+●○○○●++
4+○●○○○○○
5++○●○○○+
6+○○○●●●●
7++○○●●++
8+++●●●●+
黒番

ここはa4で様子見。白はb5に中割をすると悲劇となるためg3へ。


\abcdefgh
1++++++++
2+++○●+++
3+●○○○○○+
4●●●○○○○○
5++○●○○○+
6+○○○●●●●
7++○○●●++
8+++●●●●+
黒番

ここから黒は暴走する。f2→f1の後の方針が立たず。

c2→e1→f1→g1→f2→d1とする。


\abcdefgh
1+++○○○○+
2++●○○●++
3+●●○○○○+
4●●●○●●○○
5++○●○●○+
6+○○○●●●●
7++○○●●++
8+++●●●●+
黒番

この流れにより、黒は右辺についてはh2やh5という二つの攻め方ができた。
ここでの第1感はc1→b1→c8→b5→a6と考えていたが、もはや読み切れない。


(参考図)
\abcdefgh
1+○○○○○○+
2++○●○●++
3+●●○●○○+
4●●○○●●○○
5+○○○○●○+
6●●●○●●●●
7++●●●●++
8++●●●●●+
白番


いろいろ迷った挙句、これは今見てもないだろうというb5への着手を行っていた。
(本当になんでこれ置いたんだろう)



\abcdefgh
1+++○○○○+
2++●○○●++
3+●●○○○○+
4●●●○●●○○
5+●●●○●○+
6+○●○●●●●
7++○●●●++
8+++●●●●+
白番

c8→b8→a6→a5→b7で簡明に負けだが、ここで下辺の交換を入れずに、a6を先に着手してきた。
これには当然のc8。対して白は当然のb7


\abcdefgh
1+++○○○○+
2++●○○●++
3+●●○○○○+
4●●○○○●○○
5+○●○○●○+
6○○○○●●●●
7+○●●●●++
8++●●●●●+
黒番

ここは迷わずa5ととった。対する白はc1。


\abcdefgh
1++○○○○○+
2++○○○●++
3+●○○○○○+
4●●○○○●○○
5●●●○○●○+
6○●○○●●●●
7+○●●●●++
8++●●●●●+
黒番


この終盤については、a7を打たせることができれば足りるという直感があった。
(少なくとも足りるための手順を終局図まで描いていた)
そのための手順としてh5と置いた。

普通はh7と取るが、それが黒の思惑通りにはまる白の敗着であった。
そこから黒は当然のb2。白はほぼ必然的にa7に置くことになる。


\abcdefgh
1++○○○○○+
2+●●●●●++
3+●●○○○○+
4●●○○○●○○
5●●○○●○●○
6○○○○●●○○
7○○●●●●+○
8++●●●●●+
黒番

黒はここで温存していたh2を放出。白はg2置く以外に術はない。
そこでa8→b8→h1ととる。

\abcdefgh
1++○○○○○●
2+●●●●●●●
3+●●○○●○+
4●●○○●●○○
5●●○●●○●○
6●○●○●●○○
7●●○●●●+○
8●○●●●●●+
白番

ここでh3と入るわけにもいかず白h8。
ここでb1とする。白はg7としてから黒h3。


\abcdefgh
1+●●●●●●●
2+●●●●●●●
3+●●○○●●●
4●●○○●●●○
5●●○●○●●○
6●○●○●○○○
7●●○○○○○○
8●○○○○○○○
白番


かくして1列、2列、ブラックライン、a列の大半がとれた。
右下と右上の両方で白が手どまりを打つことができないこの手順(右上は黒黒、右下は白白ととる)は必ずしも白にとって得できた形とはいえなかった。


では、h5に対してどうすればよかったのか。
白に一応勝ち手順があるようなので、紹介しておこう。
白a2!!

\abcdefgh
1++○○○○○+
2○+○○○●++
3+○○○○○○+
4●●○○○●○○
5●●●○○●●●
6○●○○●●●●
7+○●●●●++
8++●●●●●+


一応これで偶数にははめれるようです。
対局中には浮かばないと思うけども。。。


ということで1回戦からエネルギーを消費しすぎた試合でございました。。。
異端児オセラーの復活
2年くらい封印していただろうか。
なんとなく復帰の転機だと思って書くことにした。


あまりに書くことを放棄したためothello japanからはリンク除外されているが、
さりげなく復活して日々書いていれば、そのうち誰かが気づくでしょう。
それくらいの視聴率でいいと思っている。

ここ1カ月で大きな転機を迎えてしまったと思っている。



①昇段
二段権利を蓄積し続けること20回程度、昇段試験に負け続けること10連敗程度。
そろそろ負のスパイラルを断ち切るためにと全てを賭けた全日本で悪手連発で奇跡の4連敗。
(その後2連勝はしてとりあえず二段権利だけはキープ)

前まではリーチをかけてから負けて昇段を逃すというパターンだったのに、
ついに必死こいて二段権利をつかむという状況に自分が陥っていた。
それほど自分が弱くなってしまった。

後数年は時間がかかるかもしれないと覚悟した矢先に、日本海オープンで昇段してしまった。
昇段の仕方としては理想的なのかもしれない。緩い三段の取り方ではないと思っているから。
でも心境は複雑で。とても褒められた試合内容ではないからだ。



②ソフトの移行
一部プレーヤーの間でゼブラやNtestからEdaxに移行している流れがある。
結局自分は必要ないと思い、ここまで動かずにいたが、9月から移行の準備をはじめた。

少なくとも、自分が暗記プレーヤーではないから、最低限の序盤知識だけ備えていればいいと思っていたのだが、
どうもそれではEdaxに移行しつつある日本の上位層に研究範囲内でやられてしまうため、最低限の序盤知識という定義を自分の中で拡大してもう少し様々な序盤について知る必要があると感じた。

いずれBOOKが強化されてくれば、本格的に移行し、頭の中にも徐々に取り入れていこうと思う。



③対局サイトの衰退・閉鎖
社内でデスクワークが多い環境下で、家に帰宅してまでPCを触るということが極端に減った。
8月末からなんとなくPCを触る機会を増やしてみたが、これも一時的なものでまた減るように感じる。

そんな中で重宝していたのが携帯オセロ「対戦COBRA」である。
ここ1~2年ほどで急速に過疎化が進んでいったとはいえ、それでも相手にはさほど困っていなかった。
ところが7月くらいからさらに過疎化が進み、もはや対局したい時に気軽に対戦できそうな程よい対戦相手がいなくなっていた。

自分のオセロ離れを最後の最後で食い止めていた優良アプリだが、ここまでくると深刻である。

さらに自分が愛用していたPCオセロ「ヤフーオセロ」もまもなく閉鎖してしまう。
新しいモバリバーシはどうも初期配置が逆っぽいオーラがするので、おそらく使えない。
playokにも少し移行しようと思ったが、どうしても集中力の問題から連戦ができず思うように打てない。

ということで対局の場が自分から失われてしまうのは致命的である。

今考えているのは、playokの大会と対戦COBRAの定期大会への積極的な参加のみ。
ここの部分は結構悩んでいたりもする。


④オンラインオセロ教室
何故昇段した今と思うかもしれないが、おそらく受けないといけないレベルにあるからです。
そして予想してしまった通り勉強になってしまっている。
こんな思考を身に付けた初段や級位者がぞろぞろいると思うと怖いもんです。

とりあえず1か月のつもりで受講してみたが、この先も受講し続けるかは、
地区対抗戦での結果を見て決めると思います。
おそらく悲劇的な結果が待っていると思うので。



ということで、いろいろとオセロ環境は変わりつつある。
そしてそんな時代の流れに自分も少しくらいついて、新しい環境を構築しようと思った。


とりあえず復帰ということにしてみたが、
次回以降は6月くらいからの棋譜を26局ほどなるべく早い頻度で振り返っていきたいと思う。
かなり異質なオセロをするので、その手はおかしいっていう手がいっぱい登場するが…。


今や、棋譜を振り返る正統派なオセロブログはほとんどなくなった。
(昔はそうだった人もいつの間にかそういうブログをほとんど書かなくなった)
なのであえてこちらについては時代に逆らうように、書いてみたいと思う。


では。おやすみ。
[異端児オセラーの復活]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。